2021ブレイクグラドル5選:雪平莉左・東雲うみ・沢口愛華・高崎かなみ・小日向ゆか

2021ブレイクグラドル5選

 2021年も残りわずか。今年も新型コロナウィルスの影響で暗いニュースも多かったが、そんな世界にグラドルたちは癒しと刺激を与えてくれた。改めてここで感謝したい。グラッチェ!

 当然ながら新たに注目を集めたニューフェイスもグラビア界には続々と登場した。ということで、2021年に大飛躍を遂げた新星を厳選紹介したい。グラッチェ編集部の独断と偏見によるものだが、メディア露出度や一般的知名度、人気度などを総合的に判断させてもらった。とにかく、いずれ劣らぬ期待のルーキーたちだ。

令和最強の「お姉さん」雪平莉左

 まずはさまざま雑誌を彩りまくった雪平莉左ちゃん。完璧な美貌と極上ボディ、そして大人の色気で世の男性をメロメロにしまくっている超逸材だ。

 2021年突如現れた「Fカップお姉さん」こと雪平莉左ちゃんは、27歳という遅咲きデビューながらさまざまな雑誌グラビアを席巻し、『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)や『競馬魂』(フジテレビ系)といったバラエティ番組にたびたび出演するなど目下ブレイク中。その最大の魅力はなんといっても男好きする見るからに柔らかそうなボディと、そこはかとなく漂う大人の色香だ。

 今年に入ってグラビア活動を本格化させた彼女は、間もなくメジャー誌のカバーガールに抜擢されて一気に人気が爆発。以降、破竹の勢いで活躍の場を広げ、「えちえちお姉さん」という刺激的なキャラクターで話題を呼び続ける。各媒体によるデジタル写真集も複数リリースされており、来年あたりには本格的な写真集なども世に出るに違いない。

【雪平莉左】
生年月日:1994年6月17日
出身:愛知県
身長:164センチ
スリーサイズ:B88(Fカップ)・W57・H87(cm)
Twitter@risa_yukihira

2021ブレイクグラドル5選:雪平莉左・東雲うみ・沢口愛華・高崎かなみ・小日向ゆかの画像1
※画像:雪平莉左Twitter@risa_yukihiraより

「ニュータイプ」「乳尻二刀流」東雲うみ

 続いて2021年にブレイクしたのは、「令和の乳尻二刀流グラドル」と称される東雲うみちゃんだ。

 2020年デビューの東雲うみちゃんは「週刊ポスト」と「NEWSポストセブン」のコラボ企画『美尻グラドル総選挙2020』でグランプリに輝くなど、デビュー年から大注目を集めたスーパールーキー。もはやブレイクしていたともいえるが、今年の彼女はさらに話題をさらった。それは、YouTubeがきっかけだった。公式チャンネルで見せた「ガンプラ動画」が超超バスったのだ。

 もともとガンプラオタクであることを公言していた東雲うみちゃんは、2020年11月開設のYouTubeチャンネルでガンプラ作りに励む姿を公開。その制作風景はガチオタたちも舌を巻くほど洗練されたもので、瞬く間に話題を呼ぶことに。そして一気に知名度を上げた彼女は、新世代のニュータイプグラドルとしてさまざまな媒体で紹介されて確固たる地位を築いたのだった。

 もちろん、グラドルらしい見事なボディも魅力的。肉感的なカラダつきは破壊力満点で、見る者に強烈なインパクトを与える。それでいて顔立ちは可憐な乙女といった癒し系。顔とカラダのギャップも大きな武器となっている。

【東雲うみ】
生年月日:1996年9月26日
出身:埼玉県
​身長:162センチ
スリーサイズ:B90・W59・H100(cm) 
Twitter@sinonome_umi

2021ブレイクグラドル5選:雪平莉左・東雲うみ・沢口愛華・高崎かなみ・小日向ゆかの画像2
※画像:東雲うみTwitter@sinonome_umiより

「令和のグラビアクイーン」沢口愛華

 『ミスマガジン2018グランプリ』の沢口愛華は、今年本格的に大ブレイクを果たしたといえる逸材。グラビアデビュー時からあどけないルックスとダイナミックなボディで注目を集めた彼女は、2021年より上京して新事務所に移籍すると一気に活躍の場が広がり、大ブレイクを果たした。

 雑誌や漫画誌のグラビアを席巻し、「圧倒的に輝いた」ともいわれる1年を過ごした沢口愛華。その活躍の場はグラビアだけにとどまらず、テレビ、ラジオへとつながり、メディア露出が一気に増えた。

 最大の魅力はアイドル然としたルックスと肉感的なボディの絶妙バランス。レジェンドグラドル・篠崎愛の系譜を受け継ぐといわれる彼女は、王道グラドルとして「ビーチでビキニ!」といった定番のシチュエーションで光り輝く。すでに「令和のグラビアクイーン」と称されるが、その地位を不動のものにしたのが2021年だったといえる。

【沢口愛華】
生年月日:2003年2月24日
出身:愛知県
身長:155センチ
趣味:編み物(ブランケット・ニットなど)、読書(有川浩作品好き)、漫画、アニメ、中日ドラゴンズ
特技:マンガ早読み、料理(管理栄養士を目指していました)
Twitter@delaaika0224

2021ブレイクグラドル5選:雪平莉左・東雲うみ・沢口愛華・高崎かなみ・小日向ゆかの画像3
※画像:沢口愛華Twitter@delaaika0224より

無敵の高崎かなみ

 『初代サンスポGoGoクイーン』グランプリの高崎かなみちゃんは2021年、「無敵のグラドル」として八面六臂の大活躍。超正統派なビジュアルを誇りながら、しっぽりと色っぽいグラビアを見せたり親近感と彼女感あふれる大胆無防備な姿を見せたりと、どんなシチュエーションでもハマりまくる彼女はまさに無敵だ。

 ちなみに、そもそもの「無敵」の所以は、『サンスポGoGoクイーン』のほか、『ミスジェニック2019』や週刊プレイボーイ」主催の『NIPPONグラドル53人 撮り下ろしソログラビア争奪オーディション』で優勝するなど、賞レースで無類の強さを誇ったことから。オーディション無敵の高崎かなみちゃんは、グラビアの頂点に向かって邁進する。

 最大の特徴は、抜群の透明感とコケティッシュな魅力の化学反応。言い換えれば、清純派でありながらセクシー系という感じ。もしくは可憐さ艶やかさの両立か。とにかく相反する魅力が同居しているような複雑で深みのあるグラビアが大きな武器となっている。

【高崎かなみ】
生年月日:1997年7月14日
出身:神奈川県
身長:160センチ
スリーサイズ:B82・W58・H80(cm)
趣味:ファッション、美容、メイク
特技:ソフトボール
Twitter@Kanami_Takasaki

2021ブレイクグラドル5選:雪平莉左・東雲うみ・沢口愛華・高崎かなみ・小日向ゆかの画像4
※画像:高崎かなみTwitter@Kanami_Takasakiより

「新・癒し系グラドル」小日向ゆか

 最後に紹介したいのは、「有村架純似の美少女」と話題を呼んだ小日向ゆかちゃん。当初SNSを中心に注目された彼女は、グラビア活動を本格化させると瞬く間に人気を高め、国民的バラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』などにも出演するなど、すさまじい勢いで活躍の場を広げた。

 雑誌グラビアの好調で、誌面に限らず表紙にもたびた起用されてグラドルとしての格もグンとアップ。グラビア界にはかつてのレジェンドたちが築いた「癒し系」というジャンルがあるが、その代表格である井川遥の系譜を受け継ぐ逸材として、さらなる飛躍が期待されている。

 最大の特徴も、その癒しの魅力。美少女然としたルックスと、柔らかな素肌から醸し出す優しい空気管は、見る者の気持ちをゆっくりとほぐす。加えて、しっとりとした色っぽさもあり、まさに井川遥らに通ずるものがある。

【小日向ゆか】
生年月日:1997年8月26日
出身:群馬県
身長:160センチ
スリーサイズ:非公開
好き:猫、アニメ、パフェ
Twitter@mogmog_yukappy

2021ブレイクグラドル5選:雪平莉左・東雲うみ・沢口愛華・高崎かなみ・小日向ゆかの画像5
※画像:小日向ゆかTwitter@mogmog_yukappyより

 2022年は誰が名を上げるのか。いまから楽しみで仕方がない!

(文=グラッチェ編集部)
日本が誇るグラビア文化の担い手である旬のグラドルたちの情報を日々発信するグラドル情報サイト「グラッチェ」編集部。SNSやリアルイベント、特製アイテム販売などでグラドルとグラビアファンが相互に感謝(グラッチェ)を伝えられる「場」の提供を目指す。公式Twitter@GravureGrazie/公式Instagram@gravuregrazie