金子智美、R18グラドルの矜持…アートな裸身を堂々公開

金子智美、R18グラドルの矜持…アートな裸身を堂々公開の画像1
※画像:金子智美Twitter@stm_R18より

 グラビアアイドルの金子智美が、SNSのセンシティブ判定に異を唱える「アートな裸身」を披露した。

 金子はSNSでの過激なグラビアショットの投稿が「センシティブな内容」と判定されたり、アカウントが凍結されてしまったりすることから「18禁グラドル」の異名を取る。だが、そうした判定に納得がいかない部分もあった様子だ。

 金子は6日付の自身のTwitterで「センシティブではなくアートです!」と主張。それを証明するかのように、抜群のグラマラスボディをアーティスティックに飾った珠玉のグラビアショットを投稿した。端正なルックスに透き通るような白肌、そして磨き抜かれたボディ…まさに肉体のアートと呼ぶにふさわしい完成度の高さだ。

 これにネット上では「磨かれた身体、ボディライン、スタイルは芸術です!」「これは絶対にアートですよ!」「同感、美しいものです」といった賛同の声が多く寄せられている。

 センシティブ判定が固定化されてしまった場合はサブアカウントに移行する方法もあるが、金子は同じくセンシティブ問題に直面した琴井ありさとの会話で「サブアカもダメだった」と発言。「名前がセンシティブ認定されてる説ある」とも明かし、名前まで「18禁化」している可能性に言及した。

 こうした問題やトラブルにめげずにサービスショットを発信してくれる彼女のようなグラドルに対し、あらためて感謝の気持ちを伝えたい。